スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中東革命と民主化

チュニジアで民衆の革命により独裁政権が倒れたと思ったら、エジプトに飛び火してムバラク政権が倒れた。これらの動きはリビアでカダフィ政権に対する反政府活動がおきて内戦状態に移行した。またイエメン、バーレーンなどでも反政府運動が活発化している。そうこうしているうちに日本では東北地方の大地震による津波で沿岸部に多大な影響があり、2万人の死者がでる災害となりそうである。また福島原発が地震によって制御不能となり運転が困難になり放射能が漏れ出し、近隣30キロ圏内が避難地域となった。その解決には数ヶ月から数年かかるという。このように自然災害と人災的な危機的状況が発生したので、落ち着いて中東の情勢を考える余裕がない。それでも中東における民主化運動のなりゆきについては注視が必要だろう。

中東の民主化で背後になにがあったかと指摘されるのが、小麦粉など穀物や農産物の国際的な投機的な動きである。その投機の動き(グローバリゼーションの影響である)で食品などの値上げがおきて民衆の生活が苦しくなり、その不満の爆発したのが民主化につながったということである。中東の政変についてチュニジアとエジプトが同じであるとか、エジプトの革命がCIAによって仕組まれた、とかの話は噴飯ものだとは思うが、さりとてこのブログを書いている時点で情報の整理と見通しができているわけではないのでえらそうなことは言えないが、「革命」と呼ばれる現象の内実や帰結については、このような動きが社会の一種の反復であり、革命自体よりもその後の政権=権力の行方がどうなるのか、その問題に傾注することが決定的である。

そしてあえて言えば、これは韓国などの民主化闘争や学生革命に類推される。独裁政権から民主政権へ、この流れ自体は歓迎するし、またまっとうだと了解するが、ここでは先進国への段階的な設定がみてとれるのではないか。自由と民主主義を実現するということはすばらしいが、現実にはどちらの内実を洞察すれば相互に緊張するものを含んでいることはあきらかだ。

自由を放任すれば市場システムのなかで優勝劣敗が進み、人間の共同性が破壊されてゆく、資本の力の前でそれに従うことを拒否する動きがでてくることをポラニーは強調している。また民主主義については一般意思の実現という程度の意味ずけで考えている。これは独裁政権でも民主主義でありうることは可能であり、それに齟齬が発生したときに、今回のような事態に遭遇するものだと思う。

今後の権力を左右する原理が資本によるものか、部族的、地域的、利益共同体的なものになるのか、それとも北欧的な労働組合・市民社会と資本の論理の相克となるものか判別できない。




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

left

Author:left
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
CalendArchive
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。