スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資本制システムの廃絶

資本主義の矛盾をどこにおくか。

通常はマルクス「資本論」の論理を敷衍して、エンゲルスが定式化した国有化と計画経済におくものが多い。いわゆるマルクス主義の成立だが、矛盾点の把握として社会的生産と私的所有の矛盾というふうになっている。

おおもとはどうか、マルクスは後に「資本主義的生産の真の制限は、資本そのものである」(『資本論』新書版⑨426ページ、上製版Ⅲa、423ページ)

 「草稿」の先の文章は、資本主義の根本矛盾――生産の無制限な発展への衝動とそれが剰余価値の生産でなければならないこととの矛盾――


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

left

Author:left
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
CalendArchive
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。