スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資本の反復

■国家と資本の世界史的段階


1750~1810(後期重商主義、帝国主義的、商人資本、繊維産業中心、絶対主義王権)

1810~1870(自由主義、英国がヘゲモニー国家、自由主義的、産業資本、軽工業が世界商品、国民国家)

1870~1930(帝国主義、帝国主義的、金融資本、重工業、帝国主義国家)

1930~1990(後期資本主義、米国がヘゲモニー国家、自由主義的、国家独占資本、恒久消費財、福祉国家)

1990~(新自由主義、帝国主義的、多国籍資本、情報が世界商品、地域主義国家)

60年毎の区分



※ヘゲモニー国家は、生産・商業・金融の三つの面で優位に立つ。生産部門でヘゲモニーを失っても、商業や金融部門では長く維持する。1990年代のアメリカがそうである。

―「帝国主義的」とは、ヘゲモニー国家が衰退したが、それに取って代わるものがなく、次のヘゲモニー国家を目指して熾烈な競争をする時代、1990年以降はそのような時代である。「新自由主義」は、アメリカがヘゲモニー国家であった冷戦時代が終わり、「帝国主義的」となったときに出てきた経済政策である。「帝国主義」時代のイデオロギーは、弱肉強食の社会ダーウィニズムである。アメリカの没落に応じて、EUをはじめ、中国、インドなど広域国家が各地に形成される。それは、1870年以降の状況と似ている。

―この類似は東アジアの文脈で見ると、もっと切実である。現在東アジアで進行している事態は1930年代との比較で考えられてきた。そこでは、戦前の問題が今なお大きな影を落としている。しかし、現在ロシアはソ連ではなく、旧ロシア帝国のようになり、中国は分裂している状態ではなく、政治・経済的に巨大な、120年前と同じ存在となっている。

―120年前、清朝は世界帝国であった。その周辺国である日本が旧体制を倒して開国したのに対して、朝鮮の李朝は清朝を宗主国として鎖国を維持しようとした。それが日清戦争に帰結した。日清戦争の後に清朝が日本に譲渡したのが台湾である。現在の東アジアの構造は、120年前に形成されたものであり、 1930年にはなくなっていたのである。

―現在の情勢は、1930年代よりも、1880年代に類似するといわねばならない。東アジアにはこのような反復的構造がある。このような構造は世界的な規模で存在する。

―1890年代、ヨーロッパでは、社会民主主義政党が急激に拡大した。しかし第一次大戦において彼らは国民の利益のために参戦に踏み切った。それは過去の問題ではない。日本ではアメリカと同様に、ついこの前まで新自由主義(社会ダーウィニズム)を唱和していた状態から、急激に福祉政策・社会主義への関心が広まりつつある。しかし、それがまた急激に保護主義・排外主義に転化しない保証は何もない。だから、資本=ネーション=国家に関する根本的な認識が必要なのである。


柄谷行人 「国家と資本―反復的構造は世界的な規模で存在する」(「朝日ジャーナル」特別号 2009年)

帝国主義=覇権主義の形態と考えると、常に存在しているとかんがえられる→ギャラハー・ロビンソンの「自由貿易帝国主義論」

国家が存在しないと資本は活動できない。より正確にいえば資本を国家が保証する。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

left

Author:left
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
CalendArchive
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。