スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資本主義克服の展望のない日本共産党

世界経済不況の影響により、にわかに注目されている日本共産党。しかし資本主義克服の展望がみえているとはいえない。
委員長の志位氏はテレビ番組に登場して率直に資本主義の「健全な発展」を語っている。そこには「健全に発展してもらわないと困る」とないものねだりを告白している。
これにはちょっとあきれた。
抽象的に「国民が主人公」の日本を語るが、純粋に「国民」を設定しても、それは無理がある。

 ◎国民が主人公
   ↓
 ◎ルールある経済社会
   ↓
 ◎次のステップ(?)

しかし、これはなんの確証のない話であり、次のステップ自体が発展形としてとられられているが(進歩ということが前提)、はんたしてそれを証明できるものはない。
それが論証されていないのに、手前の段階だけ都合よく設定されている。

これでは「資本主義の健全な発展」じたいを命題として、とりあがたほうがいいのではないか。
経済システムとしては、市場と資本の関係によって生産として効率がよい方法をとるのが「資本主義」というかたちだと考える。
その意味では「利潤第一、もうけ第一」というのは経済システムというよりも「資本主義体制」における付与される動機である。
それが変更可能であると仮定されると、「次のステップ」というのは存在しないか。あるいは社会主義という設定は必要なくなるのではないだろうか?

むしろ「資本主義」の問題をどのように考えるかによって、「次のステップ」が明確になってくるのではないか?

その意味で共産党は「資本主義」じたいの捉え方が混乱しているように思う。一方で「資本主義の健全な発展」を語り、一方で「もうけ第一、利潤第一の資本主義体制」と語る。
健全な資本主義が「もうけ第一、利潤第一」とするならば、その発展がカジノ資本主義であることが理解できないのだろうか。
「カジノ化」が不健全といいたいのだろうが、資本主義がすべての人が豊かになるというシステムではないのは当然である。
そこが「健全なる資本主義」という名称のうさんくさいところで、結果として「資本主義」に倫理を求めるかたちとなり、実態としては「健全な資本主義」をもとめる政党ということになっている。
「資本主義」を克服することは当面無理だというのであれば、批判も中途半端なものとなるのもやむをえないか。




“暴走する資本主義”――打開の展望を語る

志位氏の説明を受けて、「『暴走する資本主義』から『節度ある資本主義』を目指すのが共産党の主張ですね」とまとめた二木氏。そこで「素朴な疑問がある」として、「節度のある資本主義」になると、みな豊かになりますよね。ところが、共産党の場合は、さらにそこからみんなで社会主義国家つくっていこうと。安定した生活ができるのに、これを壊そうという気になるのでしょうか」と尋ねました。松田氏も「私たちのイメージでは、国民が困窮化していく中で、次のステップが社会主義であり、かい離がある感じがするのですが」と。これに答える形で志位氏は、日本共産党が目指す社会発展の展望について語りました。

 志位 私たちは、資本主義が衰退していって、その先に私たちの目指す未来社会、社会主義の社会があるとは考えていないんですよ。資本主義が健全に発展していくことが次の社会を準備することになると思っています。ですから、節度ある形で大企業には応分の負担を求める、国民の生活は豊かになる、そうすれば、日本経済は草の根から力を得て発展していきます。それは私たちの理想が遠のくのではなくて、むしろ、熟した柿がポトッと落ちるように、次の社会への発展の条件をつくることになると考えています。ですから、私たちが政権に参画したとしても、大企業との関係では共存していくと。大企業には健全に発展していってもらわないと、困ります。

 二木 すると、働くものが「資本主義ってつらいよね」と思って進むものではないと?

 志位 まず資本主義の枠内でも「国民が主人公」の日本にすすむ。「ルールある経済社会」をつくる。それでもなお解決できない問題があらわれてくると思います。そして世界的規模でもさまざまな問題が問われてくると思います。いま世界的な規模で飢餓の問題がある、貧困の問題がある。あるいは投機の問題がなかなか解決できず今回のような恐慌という事態がおこってくる。地球環境の問題もある。こういう世界的規模で問われるいろいろな問題がありますね。こういう問題が、資本主義という「利潤第一」「もうけ第一」という体制で根本から解決できるのか、ということが世界的規模でも問われるなかで、次のステップにいくのではないかと考えています。

スポンサーサイト

テーマ : サヨク・在日・プロ市民
ジャンル : 政治・経済

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

left

Author:left
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
CalendArchive
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。