スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドレ・ゴルツ『エコロジー協働体への道』(技術と人間 1985年)

 自律的労働の可能性
 
 ゴルツはフランスの新左翼の理論家だが、いろいろ先進的な研究していて動向が気になる存在だった。亡くなったのは残念だが、彼の残した仕事を読み解くことで希望につなげられると思う。
 短い文章は読んでいたが、一冊まるまるは初めてかもしれない。

 ゴルツの『エコロジー協働体への道』(技術と人間 1985年)は『エコロジスト宣言』のあとに出た本で共通の問題意識があるようだ。
 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

left

Author:left
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
CalendArchive
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。