スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税と社会保障の一体化という虚妄

野田内閣が自民党・公明党と協議により<税と社会保障の一体化>が妥協して、結果として消費税増税の方向に向かうという形になっている。これは官僚と旧体制の合体による危機政治体制の回避なのだろう。しかし、これはチキンレースの側面もあり新しい時代の展望はまったくない。橋下流のポピュリズムによる新自由主義の巻き返しもあるだろうが、これは早晩デッドロックに行き着くだろう。

民主党が野田がトップになってからというもの露骨に自民党への譲歩・接近をみせるようになった。これは官僚による指示もあるのだろうが、おおもとが同質でありおなじ要求基盤にあったからだ。はじめに増税ありきでは、説得力がまるでゼロなのだが、野党である自民党と公明党の協力を得てなんとか成立させたいのだろう。この後にまっているのは混迷する政界再編であり、安易な政治改革やマニフェストの価値下落だ。かくして政治不信、政治家不信はますます強まるが、いっぽうでファッショ的政治への誘惑も増大しているのでないか。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

left

Author:left
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
CalendArchive
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。