スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新帝国主義の概念

ニュー・インペリアリズム
デヴィッド ハーヴェイ (著), David Harvey (原著), 本橋 哲也 (翻訳)  青木書店 (2005/06)

この本はレーニンの「帝国主義論」を「新帝国主義」として再編しようとしているが、もちろん批判的に摂取しつつ、だが…。

アリーギなどを引用してアメリカについて定義している。
世界の石油資源の軍事力による確保
そしてアメリカ1930年代のニューディールを考察して、実態としては戦争こそが、経済の資本蓄積を可能にして、安定しか軌道にのせた、という事実をしめし、戦争の誘惑があることを指摘する。


資本主義がもっとも好むのは、ブルジョア国家において市場の仕組みや売買契約のルール(労働規約)が法的に保障された状態だ。そこでは階級闘争が抑えこまれ、異なる資本家同士のせめぎあい(たとえば商人資本、金融資本、製造業資本、農業資本、不労所得資本などのあいだでの)が調停されるように、規則がつくられている。通貨供給が安定し、海外投資が促進されるような政策が形成され、ビジネス活動に利する外交が実施されることも重要となるだろう。(P94、95



このばあい国家の役割が重要になってくる。資本の自由な活動を援助・促進する(新自由主義)政策が重要になってくる。


移動コストと移動にかかる時間を減らすことが、資本主義的生産様式の絶対的要請なのだ。(P102



アレントを引用して「帝国主義段階がブルジョアの政治的支配の最初の段階」であるという。

そして現代のありかたを新自由主義帝国主義と呼ぶ。


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

帝国主義論の刷新

渡辺雅男の『市民社会と福祉国家――現代を読み解く社会科学の方法』(昭和堂, 2007年)を読む。

なかなか刺激的で、特に高島善哉の「市民社会制」という言葉についての考察など興味深い。

また、帝国主義論の刷新を唱えていて、ここではギャラハー=ロビンソンによる自由貿易帝国主義の概念を借用して資本主義に各段階にも存在していた「帝国主義」という見方を提起して、アメリカ帝国主義がグローバリゼーションのかたちをとることの視角を提供する。

あわせてレーニンの帝国主義論の概念についても日本の左翼がそれに縛られていることの批判をして、あらたな帝国主義概念を検討する。


ギャラハー=ロビンソンによる自由貿易帝国主義(Imperialism of free trade)は、非公式帝国という概念を用い、自国の植民地以外への投資を説明している。彼らの論によれば、自由貿易の堅持や権益の保護、情勢の安定化といった条件さえ満たされるのならば、植民地の獲得は必ずしも必要ではなく、上記の条件が守られなくなった場合のみ植民地化が行われたとされる。ギャラハー=ロビンソンは現地の情勢と危機への対応に植民地化の理由を求めたため、それ以降「周辺理論」と呼ばれる、植民地側の条件を重視する傾向が強くなった。
帝国主義



これはウォーラステインやネグリ=ハートの「帝国」批判もある。

ちょっと整理してみたい。

日本共産党は「帝国主義」という言葉をのこしているものの、主にアメリカ帝国主義を指して使うばあいが多く、「軍事的圧力をともなう覇権的あわわれ」として表現している。

このことは正確な文章の引用ではないのだが、いずれにせよ大国の「覇権主義」の表象として使われているようで、基本的にアメリカ一国いがいは使用されないようだ。

このことは「帝国主義」という言葉の学問的な定義を放棄したものといえよう。

つまり第二次大戦以降は、レーニンのいう「資本主義の最高の段階としての帝国主義」という概念が通用しなくなったので、それを放棄することも再構成することもできず、レーニン「帝国主義論」は時代的制約の産物として書棚におさめられている、ということだろうか。


第一部の「階級社会と市民社会」の補足のインタビューで、経団連95年の「新時代の日本的経営」の方針に進んでいる現状について…。

それに対して抵抗する力が残っていなかった。日本のある時期からの労使協調路線の日本の労働界をよく反映している、と語る。

これは「労働市場の失敗」ではなく、階層化された市場の再編・強化である、という。

企業が統治するのは中核になるコアな部分だけでいいと。それ以外については市場の統治能力について任せる、という政治になったとみる。

そのなかでフリーター、ニートという表現にもイデオロギー戦略があるという、従来の不安定就業者層という枠を細分化して、特定の問題とさせて全体をみえなくするもの、だという。

制度的にも個人事業、や業務請負を促進させる流れがあり、それが労働法のジャンルからはずれる、つまり失業者というものを健在化させない動きが<企業>と<国家>の両方にある。

■非正規雇用の増加
企業の動機=「雇用の弾力化」=人件費切り下げ=労働力の買い手市場化
国家の動機=対応すべき労働者層の抑制=失業率の引き下げ

いっぽう本質にむかうには「帝国」(ハート=ネグリ)概念ではダメだと断ずる。
アメリカ帝国の免罪となる。これはレーニン・ホブソン「帝国主義論」概念の呪縛にあるという。

政治的覇権を追求していく経済的覇権のあらわれ→「帝国主義」とする

集団的な主体性の感覚が必要と説き、フリーターなどの労働組合のうごきを注目する。
あらたな連帯の可能性を現場でつくっていくしかない、と語る。

最後の章で、市民社会論と帝国主義について考察する。
「市民社会の帝国主義―マルクスにおける概念の提起」として、マルクスの著作から市民社会・国家・帝国主義の再検討をおこうなう。

市民社会と国家の概念分離

 国家    政治的共同体 公的領域 共同利害を代表   幻想的共同利害(観念的)
 市民社会 経済的共同体 経済領域 特殊的利害を代表 利己主義(物質主義)



経済的権力と政治的権力の区別、これがマルクス階級国家論の基本的前提である。
■経済権力


 市民社会  階級社会
 公的領域  競争と偶然(市場)
 私的領域  権威的組織(企業)


■政治権力


 国家     階級社会
 対外主権  主権国家システム
 対内主権  (支配階級の相互保険会社)



やがて執行権力の肥大化により、官僚組織がうまれ独自の利害を追求する階層が出現する。

※大規模な公共事業は国家の物質的基礎である。

「帝国主義とは、膨張しつつある経済に新地域を統合していく過程で作用する十分な政治的機能」ギャラハー=ロビンソン

自由主義時代のイギリスこそ帝国主義的だった。

イギリス支配階級はインドの進歩にはさほど関心がなかったが、工場貴族階級はインドを再生産できる国に変えることが自分たちの死活問題となった。
インドじゅうに鉄道をはりめぐらせようとしている――マルクス(「東インド会社・その歴史と成果」-『全集』9巻P148)



最後に社会を市民社会(共同社会)と階級社会(格差社会)の二面性において考えることの必要性を確認。

平等原理と不平等原理の二重性の確認でもある。このふたつの原理が市民社会と階級社会で体現されている。

戦後の福祉国家が社会権の確立を軸に展開されて市民社会が成熟した。

独立した諸国間の平等・対等な関係を、覇権国と従属国のあいだの搾取・不平等な関係へと作りかえるのが帝国主義である。

危機が資本主義を自動崩壊に導くのではない。経済危機が政治正当性の消失をもたらし、文化的権威の失墜を伴うとき、この危機は資本主義の危機となる。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

left

Author:left
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
CalendArchive
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。